JUGEMテーマ:DIY&工具

 

こんにちは!

 

ハスクバーナ専門店『パワーサプライヤー』の吉見です。

 

おまたせしました。最終章です。

簡単です。行きますよ!

 

まず、スロットルトリガーに取り付けます。

ワイヤーは一回奥に差し込んでから、引っかかるように戻します。

スロットルとスロットルスプリングを取り付けます。

スロットルは一度奥まで押し込んで下さい。

手前側に爪がありますので、それも収まるようにします。

ピンを入れて固定します。

スロットルロックを入れましょう。スプリングにも気をつけて下さいね。

蓋をして、ネジで止めて・・・

最後にキャブレターに繋げます。

繋げる時は、矢印の可動部分を一度クルッと回して入れやすくなります。

確認しましょう。ケーブルがちゃんとキャブレターにつながって、動作するか。

ちゃんと回ってますね。

 

終わり・・・です。

 

長々となってしまいました。すみません。

もしかしたらもっと効率の良いやり方があるかもしれません。

 

結局丁寧に写真を撮影したつもりでしたが、こうしてみるとここは撮っておいた方が良かった!

という点がいくつかありました。

撮り逃してました。一人ではやはり限界なのでしょうか?

 

次のメンテンナンスでは、もう少し気を付けて撮影したいと思います。

 

お疲れ様でした!!

 

不安な方は購入店へ!

 

担当 吉見

JUGEMテーマ:DIY&工具

 

こんにちは!

 

ハスクバーナ専門店『パワーサプライヤー』の吉見です。

 

お待たせしました。続きです。

 

さてさて、苦戦した理由の大きな原因は・・・

 

・最初からケーブルを本体から抜いてしまった事

・取り外したケーブルをそのまま使っていた事

 ※修理の案内をするためであって、修理をする事が目的でなかったので。

 

これをやっちゃうと、戻すのが大変です。やっちゃいけないパターンです。

 

はい、

ケーブルを取っちゃいました

いや、交換なのだから取るのは当然なのでしょうけど、

いざ交換する時になれば、この新品を付ける時の苦労がわかります。

取ってもいいですが、大変です。

専用工具があればいいのですが、調べても出てきません。

 

な の で、

 

取る前に、ワイヤー、テグス、糸 など、切れない物でワイヤーを縛ってから引っこ抜いて下さい。

私が使ったのはテグスです。テグスは釣り糸と呼ばれる物です。

できれば細いタイプが良いかも知れませんが、あった物を今回は使いました。

 

こんな感じで、括り付けた方が後々楽です。

※撮影用にキャブレターなどが外れてます。

ライトがかぶってますが、明るくする為になのでご勘弁下さい。

 

キャブレター方面から付けていますが、引き抜く方向は反対側のトリガー側です。

ここで間違ってキャブレター側から紐で引っこ抜いてしまうと、紐をつけた意味がないです。

紐は新品のケーブルを通す為の導線になります。

 

イメージが大事です。

ケーブルがどう配線されているのか見てみましょう。

 

シリンダー手前のエリアベースから下に行きます。

そのまま燃料タンクとエリアベースの隙間を通ってスロットルに出てきます。

白い線・矢印は見えない場所にあるスロットルケーブル。イメージです。

緑矢印は目視が出来るスロットルケーブルです。

ピンぼけしてますが、ここに出てきます。

出ているケーブルにトリガーが繋がっているからアクセルが引けるという事ですねー。

で、こっちからケーブルを取り外します。

 

取り外す時は、引っ張って取りますが、闇雲に無理矢理力任せにするのはいけません

何故ならエリアベースに付いているゴムが取れます。わかりにくいですがこいつです。

取れると非常に厄介です。取り付ける為にはキャブレターを外さないと無理です。

だから説明写真の物はキャブレターが外れています(笑)

気を付けて下さい!!

 

余談が長すぎです。やります。

 

ここからケーブルを取って、そろそろと慎重にケーブルを引き抜きましょう。

ケーブルを抜いても糸で結んでいるので大丈夫です。

 

その糸を、結んでいない方に新品のケーブルを結んで、同じように引っ張ります。

当然新しいケーブルが指定位置に飲み込まれて行きますよね?

はい、取れると厄介なゴムの場所になりました。

なるべく負荷がかからないようにケーブルを指でコロコロ回して入りやすいようにしましょう。

ケーブルの先端はコマの用になっているので、スコッと行けば後はスルスルと入って行きます。

間を通って緑までやってきました。

そしたら、ここまで持ってきたいのですが、入り口がクネットなっているので無理せずエスコートしてあげましょう。

これでケーブルの新品を所定の位置に交換できました。

 

まだまだ続きます。

 

次回完結!!

 

 

交換はすぐにできますが、説明には時間がかかってしまうものです。

すみません。

 

 

担当 吉見

JUGEMテーマ:DIY&工具

 

こんにちは!

 

ハスクバーナ専門店『パワーサプライヤー』の吉見です。

 

今回の修理は、悪戦苦闘しました。

 

苦戦した理由の大きな原因は・・・

・取り外したケーブルをそのまま使っていた事

・最初からケーブルを本体から抜いてしまった事

 

これにつきます。

 

失敗は成功のなんとやらといいますが、これは成功したから言える言葉であって、

もがき苦しんで終わるケースが有ったら嫌ですねぇ。

 

まぁこのくらいにしておいて、2点の理由を少し記憶に残しつつやっていきましょう。

 

スロットル周りを全部分解、交換出来るようになります。

・スロットルトリガー

・スロットルロック

・スロットルケーブル(アクセルワイヤー)

・スロットルトリガースプリング

 

も交換できるようになります。なりました。

 

修理業者や免許を持った方は、これ以上に効率がいいのかもわかりません。

交換専用工具がもしかしたら存在するかもわかりません。

有る物で交換をします。

 

ですので、交換の方法の一つとして捉えて頂ければ幸いです。

また、このブログでの案内で故障などが起こってしまった場合、

当店では一切責任負いませんので、予めご了承下さい。

不安な方は絶対に、購入店へお問い合わせをして下さい。

 

では始めます。

 

まず、スロットルトリガー・スロットルロック付近になります。

ネジを外したり、マイナスドライバーを使ったり色々しますが、

ここら辺は非常に簡単です。

マイナスドライバーを挟み込むように入れて、てこを利用します。

スロットルロックの中にスロットルトリガースプリングがあるので、ヒョイッと外します。

 

 

スロットルを止めているピンを取ります。

先の細い硬い物で押し出します。力が要ります。

 

取ると向こう側が見えます。ダンボールで同じ様な色ですが、向こう側が見えています。

ケーブルをクネッと回して取り外すとこうなります。

スロットルトリガースプリングは、3枚目を見て下さい。

中に突起があるので、そこにハマるように止まっています。

 

これから肝心のスロットルケーブルに行くのですが、今回はここまででお願いします。

 

次回、苦戦を強いられたケーブルの交換に入ります。

 

 

それではまた次回お会いしましょう。

 

担当 吉見

JUGEMテーマ:DIY&工具

 

呼ばれる名前は色々とあります。

 

・プライマーポンプ

・プライマリーポンプ

・パージポンプ

 

他はありますか?

 

こんにちは!

ハスクバーナ専門店『パワーサプライヤー』の吉見です。

 

修理のご案内の前に1点お伝えする事がございます。

 

【修理・点検に関して】

基本的には技術を持った方に依頼をして下さい。

当ブログにて案内した方法で、不具合・不良があった場合、

当店では一切責任負いませんので、予めご了承下さい。

不安な方は絶対に、購入店へお問い合わせをして下さい。

 

 

さて今回はプライマーポンプの交換です。

久々のメンテナンスです。

当店ではプライマーポンプで商品をご案内していますので統一します。

 

 

プライマーポンプは、始動前にシュコシュコして始動しやすくする物です。

機能は違いますがデコンプも、お助けアイテムですね。

 

燃料を循環させて、起爆しやすくします。

 

今回はちょっと大変だと思います。

 

外したり取り付けたり、今までとは手順が多くなってきますので頑張って下さい!

 

まずは、シリンダーカバーを開けて・・・

 

フィルターホルダーとキャブレターを固定しているスクリューを取ります。

 

 

フィルターですね。

キャブレターにゴミが入らないように気をつけて下さい。

フィルターホルダーを取ります。

 

550XPの場合は、左右にゴムのようなパーツにしっかりと固定されているので、そこから外します。

赤丸で囲った場所で固定されているので、外します。

反対側も外して下さいね。

最初どうやって取ったらいいのか全くわからなかったのですが、

この返しの爪?とでも言うのでしょうか?

引っかかりを外せばスポッと取れます。

ペンチで失礼します。

取る時は猫の手も借りたいです。

 

【注意】

赤字で書いてありますパーツは、薄くて柔らかい素材なので、強引にやると破ける可能性があります。

外したらあとは付け直すだけです。

簡単です。

【注意】

実物を見た方はおわかりになると思いますが、プライマーポンプの先端は、左右で長さが違います。

必ず確認して取り付けてくださいね!

 

プライマーポンプの交換で発生するのが、

繋がっていたパーツの組み間違えや、他に考えられるのは、パーツの取り替えに伴うゴミの混入。

コンパクトな作りになってるからこそ、ホースの取り回しになどにも注意をしなければいけません!!

と、やっていて思いました。

 

また、パーツを取り替える時に普段はできない場所のメンテンナンス・清掃をしてみてはどうでしょう?

せっかく取り替えたのに、取り替えた事によって、

組み間違えやゴミの混入で使えなくなったら困ってしまいますよね。

 

組み間違えは写真を撮影して、どう繋がっているのか、組み立てられるようにしておきましょう。

もしくはパーツリストなどを片手にやるといいかもしれません。

 

パーツリストはパーツを交換する際に必要な型番が載っていますが、

組み立てる順序も、簡単ではありますが載っていますので、

パーツリストさえ読む事ができればとりあえずは組み立てられます。

 

いきなり読め!と言われて全て読む事は、技術者か製造に携わった人か、ばらした経験が豊富な方でしょうか?

私を含め最初は誰でも初心者なのですから、焦らずゆっくり覚えましょ!

 

 

それではまた、お会いしましょう!

 

担当 吉見

JUGEMテーマ:DIY&工具

 

こんにちは!

 

ハスクバーナ専門店『パワーサプライヤー』の吉見です。

 

機種は限られてしまいますが、クラッチスプリングの交換です。

 

アクセルケーブルと一緒で、このツールを使って交換ができました。

というご案内になります。

しつこいようですが、当店では一切責任を負いかねます。

購入店、並びに修理業者へお問い合わせ下さい。

 

 

基本的にはいつもご案内している550XPでメンテナンス情報をお届けします。

 

このブログを御覧の中には、機種が異なる方が多くいらっしゃると思います。

すみません!謝るしかないです。

 

ただ、根本的な作り、原理は一緒なので参考程度にご覧頂ければ嬉しいです。

 

例えば今回ご紹介するクラッチ、クラッチスプリングですが、

左のタイプになり、右ではこれは使えないです。

ちなみに右のスプリングのタイプはマイナスドライバーでやるとかなんとか・・・

随分原始的な方法ですよね?

他にもクラッチのブレーキもそうでしたね。

怪我にはご注意下さい。

 

さて、交換にはこれを使います。

商品名:アセンブルプライヤー(クラッチスプリング取り付けツール) 【5025049-01】

写ってるキレイな手は私の手です。

これを使って、スプリングを広げてクラッチから取り出して、

新品のスプリングを取り付ける。

 

簡単な部類のメンテナンスではないでしょうか?

 

ここの交換より、クラッチを外す方が遥かに難しいです。

クラッチの外し方はこちらで紹介していますよ!

クラッチ/クラッチドラムの交換

 

ピストンストッパーを使うので、550XP以外の方は、

まず適合するピストンストッパーをご用意下さい。

クラッチプーリーもご用意下さい。

えー、レンチなども・・・ブログで必要な道具は書いてありますので御覧下さい。

 

 

さて、準備はよろしいでしょうか?

行きますよ!

 

下の画像の物を準備して、

こう、噛ませます。

プライヤーの特徴として、握ると先端が開きます。

一般的なペンチなどとは逆の動きになります。

 

グッと力を入れて、クイクイと上手く行くとスポット抜けます。

 

スプリングは簡単に外れないように、爪の様な、先端が引っかかる様にできています。

クラッチには溝があり、爪に噛み合うようにできています。

 

何度もテストはしていますが、上記の通り、爪と溝を上手い事しなければ外れません。

「コツは?」と聞かれれば、「とにかく広げてみて下さい。」というしかありません。

外れたのがこちら。

もう一回。

そうすると、クラッチがバラバラになります。

普段あまり見る事ができない光景?なのでしょうか?

 

クラッチを交換した事がある方はご存知かと思いますが、

クラッチには前後というか、向きがあるので、覚えておきましょう。

あとは手順を逆戻りにすれば取り付け完了です。

 

プライヤーでスプリングを開いてクラッチにはめます。

 

今回は写真も解説も簡単にできましたが、いざスプリングを外す作業をすると、

大変なものでしたので、頑張って下さいね!

 

 

毎回書くのも忍びないのですが、不安な方は絶対に購入店などへ相談をして下さい。

当店でご注文頂いたお客様へ限らせて頂いております。

そして点検・修理に関する事は全て修理業者へ依頼しております。

詳しくはこちらに書いておりますので、御覧下さい。

http://www.powersupplier.co.jp/?mode=f6

 

それでは良いチェンソーライフを!!

 

担当 吉見


Search

Link

Profile

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Comment

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR